社交辞令は、大人ならよく使用します。
付き合いを円滑にするためには必要なものですが、営業のためには、とびっきりの社交辞令が存在します。
CX_FV168
それでエステにおいて使用されることで、とんでもないことになることもあります。
エステでの社交辞令は、そのまま売上につながります。
確かに、たいていの方はエステで大金はたいて施術を行うと、キレイになることができますが、その対価は大きいでしょう。
それでも、こうしたらきれいになれるとか、お試しで気持ちが良い施術をされることでその気になってしまうこともあります。
エステで、勧誘を受けて、大金を支払うことになって、生活スタイルがぐちゃぐちゃになって、肌が荒れてしまったケースもあります。
とんでもないことで、本末転倒です。
脱毛だけでエステに行ったのに、フェイシャルやら、痩身などを勧められて困った口コミもよくありますが、エステの社交辞令に関しては、毅然とした態度で対応しましょう。
これがなかなかの曲者ですが、お金が絡むことですから、曖昧な返事や態度は後で後悔することになります。
勧誘がきたとしたら、後で結論を出しますという態度が妥当です。
よく一晩考えたら、間違った契約をしてしまったことに気がつくと言ったことが多いようです。
川崎のフェイシャルエステサロン|アトリエ トゥルー・ハピネス

エステシャンの社交辞令から少し離れて冷静になることで、どうしたら良いかを判断するようにしてください。
その上で、やっぱりやろうということであれば、喜んで契約してください。

Comments are closed.

Post Navigation